2012.10.01 Not to be taken
茶色くて 丸くありません!

ボコボコに歪んでいます

まず最初に飛び込んできたのが

Not to be taken というエンボス

訳すと… 服用禁止でしょうか?

Lysal

会社のロゴなんでしょうか?

「 Lysd 」 かと思いましたが 検索で引っ掛かりません

引っ掛かったのは 「 Lysal 」 

アメリカの会社の様です

カビ除去剤とか 消臭スプレーを今でも作っている様です


日本の瓶かと思っていましたが 違いました

でも コロンとして愛嬌のある瓶です

いつも 点眼瓶と勝手に呼んでいますが…

もしかしたら そうじゃないのかもしれません

液体の薬を入れておくってのは 間違いないと思います

細かい事はいいじゃないですか

このコバルト色を眺めているだけで 楽しくなります

点眼瓶

最初は 上の部分にゴムが付いていて

スポイトの様に 液体を吸い上げるものだと思っていましたが

どうやら違うようです

液体の中に突っ込んで 上の部分を指でふさいで持ち上げる

そして指を離せば 液体が落ちる


形状は違いますが こんなのもありました

点眼瓶

野に咲く小さな花でも活けたら きっと可愛い

2011.09.30 茶色い薬瓶
ようやく痒いのも治まりました

もう暫くは金繕いは…

今月はあまりUPできませんでしたが

来月はもう少し頑張るつもりですので 宜しくお願いします


写真には写っていませんが 茶筋が入った可愛い瓶です

オリジナルっぽい 栓もついています

星製薬

で この瓶の正体を探る手がかりは…

底にちゃんとエンボスがありました

星製薬

星のマーク

思い浮かぶのは 星製薬しかありませんが

どうなんでしょう?

2011.08.30 龍宮目薬
戦前の目薬瓶です

コバルト色で綺麗ですが こっれっていう特徴もありません

ただ名前が 龍宮目薬

龍宮目薬

なんて素敵な ネーミング

でも 何を思ってこんな名前を付けたんでしょう

2011.08.15 頂きました♪
ちょっと忙しくしていたので 写真を撮る時間がなく紹介が遅くなりました

ちょっと前 レトロおかんさんから荷物が届きました

恐る恐る… あっ、失礼m(__)m

わくわくしながら 中味を確認しました

おぉ~ 昔の薬の袋が出てきました ♪

六神丸

六神丸 という薬のようです

支那政府商標登録願 と書かれています

時間が無くてまだ何も調べていませんが 漢字ばかりで

満州 で売られていた薬なのでしょうか?


レトロおかんさん ありがとぉ~



なんて レトロおかんさんですよ! この続きがございます

薬が入っているであろう 紙包みを開けると

なんということでしょう

六神丸

紙包みの中味は粉薬ではなく 瓶に入った丸薬でした

僕もいろんな瓶を持っていますが こんに小さな瓶は家にはありませんでした

大きさを比較する為に ビー玉と記念撮影です

六神丸

こんな小さな瓶 さぞかし作るのが面倒だったのでしょうね~

毎度のことで申し訳ありませんが 

この薬について なにか知っている事がありましたら教えて下さい


改めてレトロおかんさん ありがとうございました m(__)m

2011.03.08 レーベン
大阪にレーベン製薬って会社があるが… そこだろうか?

歴史がある会社みたいだが…

レーベン

人様のサイトだが こちらにそれらしき看板を発見  ここです

どうも こちらのがピンとくる


反対の面には 「弘済薬院」

レーベン

済 がちょっと自信ありません

薬院とは?

福岡に薬院伊福町という地名があるようだが… 関係なさそうだし  


情報お待ちしております m(__)m

2011.02.08 一方水
ご存知 邑田資生堂の一方水

いろんな人のブログで いろんな一方水を見てきたが

この形は初めて見た

一方水

今年の確定申告も終盤です