上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.30 非買品の瓶
まるで模様の様な気泡。
「非売品」とエンボスがありますが、
飲んだ後の瓶は返してね、って事でしょうか?

大きさからいって、みかん水の瓶だと思います。

非買品

スポンサーサイト
2007.05.28 香油の瓶
わりと小ぶりな瓶。
表に刻まれた模様がオシャレです。
裏には 「Yaetubaki」 と瓶に刻まれています。
表のラベルの裏には 「八重椿フラワー香油」 と書かれいます。
香油とは香水のことなのでしょうか?
それともエッセンシャルオイルの様なものでしょうか?
蓋の部分に、ほんのりと香りが残っています。
甘ったるい香りではなく、お香のような上品な香りです。

少し調べてみました。
1951年に八重椿本舗という会社が「フラワー香油」を発売しています。
どうやらその瓶のようです。この会社は神奈川県の平塚にあったそうですが、
今でもこの会社はあるのでしょうか?

八重椿香油

蓋がついた入れ物が好き

駄菓子瓶もいいけれど

飴屋瓶が最近のお気に入り

変わった形の、飴屋瓶や駄菓子瓶

いっぱい並べて、何いれよう

かぼちゃの瓶

2007.05.22 歪んだ瓶
蓋に、株式会社桂屋商店と書いてあります

戦前の物です

あと灯台の絵 

毛用みやお染 

の部分は錆びていて読めません

このいびつな形

ずっと眺めていても飽きません

歪んだ瓶


歪んだ瓶

イギリス色の濃いオーストラリアに御夫婦で移住し、
ヨーロッパ各地の古いもの達を集め、コンテナで年数回金沢港へ向けて出荷している…
そんな素敵な方の紹介で手に入れることが出来た、ウランのキャニスターです。

※ これがその方の買い付け日記です→http://balloonperth.jugem.jp/
※ 今回お世話になりました日本でのお店→http://peaceballoon.jp/

興味のある方は覗いてみて下さい。

で、肝心なウランキャニスターを写真に撮ってみました。
ブラックライトを当てる前と、当てた後の写真です。
同じような緑のガラスでもウランでない物を横に置いてみました。
写真でも怖いぐらいに発光しているのがわかると思います。

僕の部屋はもしかしたら放射能に汚染されているかもしれません(@_@;)

キャニスター


キャニスター


薄いグリーンが清々しさを感じさせてくれる瓶。
今の瓶には無い凝った模様。
「東京市日本橋區亀島河岸・大日本ボルド商行」 とエンボスがある。
右から書いてあるので戦前の物なのだろう。

「ボルド」とは? 
「ボルドー」であればワインの産地として有名なフランスの地名を思い浮かべる。
何となくワインのボトルの様な気がするのだが…
ワインのボトルなら、底が円錐のように上げ底になっているかな?

こいつの正体もいつかわかるのだろうか?

大日本ボルド


大日本ボルド

2007.05.17 歪なビー玉
いい雰囲気の缶を見つけ手に取った

何か入ってる 

フタを開けてみるとビー玉

でもよく見ると、デコボコしてて不恰好

こんなの見た事ない…これは何?

値段も安くしてくれたので、ビー玉が入った缶を買った

おまえは誰 どこから来た

歪なビー玉


歪なビー玉

僕が持っているコップの中で

一番のあわあわ

ゆがんでるし

真っ直ぐ立たない

グラグラしてる

でも一番好き

シノギコップ


シノギコップ

ローカルな話題でごめんなさい。

♪とても とっても 元気なの 名古屋牛乳飲んでるの!
シャチのマークの牛乳を家中み~んな飲んでるの 名古屋牛乳のんでるの♪

名古屋牛乳の歌って、確かこんな歌でしたよね? 
違ったかな? ずっと気になっています。
このコップはそんな名古屋牛乳のコップです。
小鹿が可愛いですね。

名古屋牛乳のコップ

2007.05.14 薬瓶三種
一番集めやすいからなのか?
家には何故か薬瓶が多い。
興味ない人が見たら、決まって 「どうするの、これ」 って代物。
せいぜい、野の花を一輪ってとこでしょうか?
でも、わかる人はわかってくれるはず!
理屈じゃないんです。 
眺めるもヨシ! 撫で回すヨシ! 舐めるもヨシ!

㊤ つるんとしてますが、歪んでない? 気泡がまるで模様です。
㊥ この瓶は見た事なかったです。 つるんとしてません。
  まるでスリ硝子の様です。
㊦ なんとなくピンクっぽくないですか?
  綺麗に洗ったつもりだったけど、何か残ってたのかな?
  おそらくこの中ではこれが一番古いかと…

薬瓶


薬瓶


薬瓶

2007.05.11 ニッキ水
赤・黄・緑の毒々しい色
シナモンの強烈な香り
口に含むと舌はヒリヒリ
ごくりと飲み込むと喉の奥までヒリヒリ
シナモンの刺激とコテコテの甘さ
これは今売っているニッキ水の僕の感想

甘い物に飢えていた昔はこれをチビチビと舐めたのかな…
昔のニッキ水はどんな味だったんだろう…
でも…なんでこんな、ひょうたん型をしてるの?
口のバリ!これじゃ口切れちゃうよ
何だか不思議な飲み物です

ニッキ水
2007.05.08 澤之鶴
澤之鶴って事はお酒の瓶です。
お酒の瓶にしとくにはもったいない様な色とデザイン。
窓辺に置いとくだけで絵になります。(自己満足)
縦縞がたまりませんね~ オシャレ♪
澤之鶴の創業は享保2年 (1717年) だそうです。

澤之鶴
2007.05.07 綺麗な香水瓶
この瓶はsazaeさんのオークションで落札しました。
(sazaeさんのオークションに興味がある方はリンクから飛んで下さい)
これも香水が少し残っていて、お香の様な香りがしました。
「しました」 と書いたのは、洗ってしまったからです。(失敗だったかも)
わりと厚手のガラスなので大きさのわりには、ずっしりとした感じです。
模様も綺麗で、お洒落な感じがします。
ラベルも残っていますが破れているので何て書いてあるかわかりません。
もう、この瓶の事を知ることは出来ないのでしょうか…

お前はどこからやって来た? 名前はなんと言う?

コルクの蓋の香水瓶
2007.05.05 幻の香水瓶
この香水瓶がどうしても欲しくて、sazaeさんに無理を言い譲って頂きました。
この場をお借りして、sazaeさんマスオさん本当にありがとうございました。

※以下sazaeさんの説明です。

この瓶はカネボウの関係者の方から出てきたそうです。
その方の話によると、カネボウの何周年かの記念のときに製作された香水瓶ですが、その年に社長(会長だったかも?)が亡くなってお祝いができなくなり、未発表のままお蔵入りになったそうです。
「幻の化粧瓶だよ~」と言われて仲良しの業者さんから譲ってもらったのは5年くらい前です。
その業者さんもあと何本かは持っていましたが、今はもうないです。
作りから言って昭和20年代頃は間違いないと思います。

この瓶に出会ってから香水瓶が気になって仕方ありません。

カネボウの香水瓶
ガラスが好きです

場所をとらない小ぶりな瓶

蓋が付いてる瓶

資生堂の香水瓶


資生堂の香水瓶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。