以前、かぼちゃの様な飴屋瓶をUPしました。

これ→http://bikki.blog103.fc2.com/blog-entry-18.html

それよりは少し小さな飴屋瓶。

飴屋瓶がいっぱい欲しい、今日この頃。

かぼちゃ瓶

2007.08.29 おはじき
これは、ちょっと古い物みたいです。

エンボスと言うか、アルファベットの様な模様があります。

形もいびつで気泡も入っていて、美味しそうです♪

ひとつ、黄色っぽいのは骨董屋のオヤジがくれた物で他のとは違います。

おはじきって、いくつになっても宝物みたいな感じがします。

おはじき

2007.08.28 石蹴り
大正から昭和の始め頃に、石蹴りの石代わりに使っていたそうです。

こんなガラスを使っていたなんて知りませんでした。

直径が7、8cm もある綺麗なガラスなんです。

とてもじゃないけど蹴るなんて… むり!

写真ではわかりにくいですが、左上の緑のは 「ペコちゃん」 です。

「東京タワー」 や 「ポパイ」 など…見ているだけでも楽しいです。

石蹴り

2007.08.27 大きなビー玉
ビー玉やおはじきが好きで、ついつい買ってしまいます

このビー玉を見た時、思わず笑ってしまった

今まで見た事がないぐらいの、大きなビー玉

直径3.5cm これはまさしくビー玉の親分です

普通の大きさのビー玉と並べてみたから、大きさを比較して下さい

ユラユラしていて、いい感じです

大きなビー玉

2007.08.25 切子のコップ
暑い夏

外から帰った時に飲む麦茶の美味しいこと

これは、麦茶専用のコップなのです

いろんなコップがありますが、僕の中で勝手に使い分けています

切子のコップ

2007.08.22 第二の人生
蓋のある瓶を手に入れると

こいつには何を入れようと毎回悩む (楽しいけど♪)

この瓶、薄いブルーで気泡がいっぱい入っててなかなかいい!

さて、何入れよう…


この瓶の第二の人生はこうなりました

メダカ


メダカ

2007.08.21 高島屋の瓶
僕のもっている飲料瓶の中では、 立ち姿がいちばん美しい瓶だと思います。

八角形で細かな模様もお気に入りです。 色も薄いグリーンで上品な感じ。

「高島屋」というエンボスは、あの有名な百貨店の物でしょうか?

おそらく戦前の物だと思われますが、何の瓶だったのでしょう?

この姿に一目惚れです。
高島屋の瓶

右から高島屋とエンボスがあります。
高島屋の瓶

底の処理は安定感を増す為なのでしょうか? おしゃれな感じがします。
高島屋の瓶

※ この瓶は 「なつめ」 さんに頂きました。
こいつはただ事じゃないです。

他のウランと比べても輝きが違います。

こいつからはきっと、放射能が出てるに違いない(@_@;)

夜な夜なブラックライト当ててる自分もヤバイです(すでに汚染されてる)

残念ながら日本のモノではありません。


このままでも怪しい輝きです
ウラン小物入れ

ブラックライトを当てるとこのとおり
ウラン小物入れ

2007.08.19 地球糊
字が右から書いてあるので戦前の物だと思います。

地球糊…今でいうスティック糊みたいな物だったのでしょう。

底の部分にも 「地球糊」 とエンボスがあります。

シールに 「一等賞金牌受領」 と書いてありますが、何か賞でも貰ったのでしょうか?


コバルトの瓶も好きだけど、緑の瓶も好物!

地球糊

僕はただの、いちコレクターです。

けっして業者さんではありません。

なのに、物は増える一方…

何とかしなくては…

そろそろ量より質を目指さなくては…

わかっちゃいるんだけど増えるんですね、これが。

「おはじき」 こんなにいっぱいどうするんだろ?

ちなみにTOPの写真はこの 「おはじき」 です。

おはじき

2007.08.17 Ribbon Citoron
海辺を歩いていると1本の瓶が転がっていた

拾い上げて眺めているとエンボスがみえる

「Ribbon Citoron」

家にあるリボンシトロンの瓶よりも小さな瓶

これはいつぐらいの物なんだろ?

どこをさ迷い、ここに転がっていたんだろ?

「お疲れ様」と心でつぶやき、家へ連れていってあげた

ここで他の仲間とゆっくりやすんでいたらいいよ

リボンシトロン

2007.08.16 金平糖の瓶
この瓶には何を入れようとか考えたりしてますが、

たまには、本来の使い方をしてやりました。

そうです!これは金平糖の瓶なんです。

だからカラフルな金平糖を入れる事にしました。

この瓶から出てくる金平糖は美味しいですよ。

金平糖の瓶

骨董屋で値段を見てびっくり(@_@)

「2円50銭」 の値札が付いてました。

10個ほどあったのですが、全部買ったって25円…

って、世の中そんな美味しい話しはありません。

付いていた値札をそのままにしてただけみたい。(わかってたけど)

これにアイスクリーム入れて食べると美味しいんですよね~♪

アイスクリームの器

2007.08.13 POLAの瓶
形と模様が可愛いので買ってしまった

「名古屋骨董際」 で同じ物を見つけたが

僕が買った3倍ほどの値段で売られてた

それは蓋の色が茶色だったが…これはベイジュ色

化粧水でも入っていたのだろうか?

POLAの瓶

2007.08.12 白色ワセリン
これ、まだ中身入ってます。

誰か使ってみます?

ところでワセリンって何? 軟膏? 

格闘技で目の上切った時の止血剤?

まっ、綺麗だからいいんですけど。。。

ワセリン

2007.08.08 精密機械油
蓋のコルクが付いたままで、封がしてあります。

中身が減っているのは蒸発してしまったからでしょうか?

日本石油の新潟製油所で作られた物らしい。

で、おもしろいのは…

いつ頃のものかが、はっきりしてるって事。

だって、 「製造昭和19年」 って書いてあるから。

今は懐かしい 「日本石油」 のマークもちゃんとあります。

精密機械油

緑色の瓶の片方には、 「大日本延命曾」 とエンボスがあり、

その裏には、 「カルシュウム入りヨーグルト100瓦」 とエンボスがあります。

コバルトの瓶には何もエンボスがありません。

ふたつの瓶はきっと兄弟です。

ふたつ並べると何だかいい感じ。

ヨーグルト瓶

2007.08.06 大日本延命社
「乳酸菌乳」 とエンボスあり

「大日本延命社」 ともあり

延命社って…

細かい事はさて置いて、なんともキレイな緑色

今、この瓶に入れて売ったらきっと買います

大日本延命社

2007.08.02 アテミス
このタイトルをみてピンときた方は、

それなりにお年を召された方か… もしくは、変態です。

アテミスとは大正製薬が出していた栄養剤で、

これを飲めば 「血がふえ、肉がつく」 という代物。

今だったら、肉がついたら困るので誰も買いません。

それだけ日本が豊かになったという事でしょう…

瓶の形がなんだかお洒落です。

アテミス

2007.08.01 戦前のコップ
気が付けばコップもいろいろ集まってきた
コップはお酒や牛乳を飲む時に、ちゃんと使っている

戦前」のコップ

アサヒビールのコップだけど…

戦前のコップ

反対側にはリボンシトロンの文字

戦前のコップ