上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.30 氷コップ
口赤水玉捻り紋…

赤色斑入りなつめ形…

金赤乳白色…

何だか難しい名前が付いたコップは敷居が高く、手が出ません

足付きの物なんて、氷入れたら安定感がなく倒れるだろ (高いからボヤいてみる)


気兼ねなく使える、こんなコップがいいです

氷コップ



スポンサーサイト
2008.04.25 みかん水
これって…

確か、みかん水の瓶でしたよね? (他力本願がモットー)


でも、何でこんなに長い?

それはね、キツネさんに飲ませない様にとツルさんが考えたからだよ

みかん水

そこのあなた! 倒して飲めばいいなんて言わないの

2008.04.24 ガラスのコマ
昔のオモチャはガラスのモノが多かったみたい

以前UPしたこれもそう
http://bikki.blog103.fc2.com/blog-entry-25.html

これはコマというより、サイコロとして使われたのでしょうね

白いガラスに青の数字が可愛いです

ガラスのコマ

こっちは白いガラスに青いラインが入って、数字は赤と黄でカラフル

これをクルクル回していると、時がたつのも忘れます

ガラスのコマ


瓢箪型で、高さは 17.5 cm ですが薄い瓶です

右から、「大日本帝国奈良銘酒」 と書かれていますので戦前のお酒の瓶なのでしょう

あと、「奈良市福知院廿四番」 と地名が書かれています

他にも、難しい漢字や読めない文字もあります

きっと今でも現存する酒蔵なのでしょうね…

酒瓶


最近はこれで飲む事が多いです

作られたのは明治時代

と、いう事は100年ほど前のコップ

肉厚で、何だかガラスの塊りみたい

すごく重たくて、長く持っていると疲れます

<br />型吹きコップ

重たいくせに、ちょっとしか入りません

このアワアワを見ているだけで、お酒がすごく美味しいのです

幸せな気分にさせてくれる、今一番お気に入りのコップ

型吹きコップ
2008.04.15 石蹴り2種
星の様な形なんだが、先が尖っていないし…

何の形なんだかわからない

石蹴り

で、こっちは…もっとわからない

誰か、この子に見覚えありませんか?

石蹴り


2008.04.12 飴色のコップ
飴色で、いい感じのコップです

飴色のコップ

ただ、このコップ… 少し小さいです

前、UPしたゼリー型を並べてみましたので比べてみて下さい

飴色のコップ

冷で、グイグイいくのにいい大きさかも

2008.04.09 変った菓子瓶
久しぶりに菓子瓶でも

高さ 24 センチほどの10角形の変った瓶です

底の方がエンピツの様に細くなってる

だから…安定感はないです


こんな大きな瓶、もう置いておく場所ないのに

変った菓子瓶に出会うと…つい買ってしまう


ところで、おまえは何の瓶

菓子瓶
2008.04.07 蓋が素敵な瓶
この瓶はあまり大きくありません

ウランのビーズを入れてみましが、大きさがわかるでしょうか?

で、何が素敵かと言うと…

この蓋がすごく変わっています

取っ手の形も変わっていて可愛いのですが、それだけじゃないんです

うぅ…上手く説明できない

ごめんなさいm(__)m 今度、写真撮りますね (百聞は一見にしかず)

ウランビーズと瓶
亀甲紋のプレスの氷コップです (昭和初期)


地元の骨董市でいろいろ物色

そこは骨董ブースとフリマブースの様な感じでわかれている

たまには、フリマブースでも覗くかとブラブラ

そこで見つけた、なんとも不恰好な氷コップ

70歳ぐらいのオヤジの話しによると…

子供の頃(そのオヤジが小学生ぐらい)母親が駄菓子屋をしていて

その店で使っていた残りと聞いたが…

氷コップ


2008.04.02 大黒葡萄酒
山梨縣祝村の宮崎光太郎という人が

明治中期にフランスへ留学してワイン造りを学んだ…そうな

帰国後、大黒葡萄酒株式会社を設立した

大黒葡萄酒

そんな、大黒葡萄酒のノベルティー物

ワインのわりには小さくない? リキュールグラスのようです

写真ではわかりにくいですが、口など波打っていています

大黒葡萄酒

ブドウ酒の老舗メーカーだったが… 戦後メルシャンに吸収されました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。