上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.29 邑田資生堂
「 神の薬 」

邑田資生堂とエンボスがある、神薬の瓶

スクリュー栓なので、そんなに古くはないのでしょう

むらた神薬

でも、この色はやっぱり素敵です

スポンサーサイト
2010.07.27 氷コップ
夏本番ですね

みなさま暑さにはもう慣れたでしょうか?


僕はこいつで、氷イチゴ食べまくります

氷コップ

2010.07.23 Juice
ラムネ瓶の形をしたニッキ水の瓶は、家にも何本かありますが

これは今まで持っていませんでした

Juice

大きな瓶のジュースは貴重だったのかな

子供はお小遣いを握り締め、これを買いに駄菓子屋に走ったのでしょうか

タイムマシーンで戻れるなら

駄菓子屋で 「おばちゃん、ニッキ水全部ちょうだい!」

と、言う人はきっといっぱいいますね

邪魔なのは、わかっています

同じ様な物ばかり… 

って声が聞こえてきます (半分諦めている様です)

でも、好きなんだから仕方ないですよね

せめて、少し小さな飴屋瓶にしようかな

駄菓子屋瓶

化粧には、あまり縁がないので…

こんな名前の会社はしりません

ピンクの蓋に、字がおもいっきりバービーを意識してる様に思うんですが

ピアス化粧品

ピアス とは 1947年に大阪で創業された化粧品の会社で

現在も百貨店向けに、「ケサランパサラン」 という商品を提供しているそうです


デットストックの様で箱はもちろん、説明書などもちゃんと残っています

ピアス化粧品

当時、司葉子さんがイメージキャラクターだったのか? 若き日の写真なども載っているのです

それにしても、お洒落な箱です

2010.07.16 乳鉢
以前UPした乳鉢ほど古くはありませんが…

これ が以前UPしたモノ

乳鉢は必要なので、いくつかあります

メダカのあかちゃんに餌を与えるのに、大人のメダカの餌では大きすぎるのです

そこで活躍するのが、乳鉢なのです

乳鉢

毎日、小さなメダカのあかちゃんが食べられる様に ゴリゴリやるのです

普通のでは面白くないので、雰囲気のあるこいつでゴリゴリ

2010.07.14 保存瓶
一見すると、ただの汚れた瓶

保存瓶

でも…

よ~く見てみると、これが何とも味のある瓶なのです

汚れに見えるのは、みんな気泡  (写真クリックして下さいね)

保存瓶

ガラスの蓋は、何だか欠けてしまいそうで好きではないんだけど…

こいつは、いい

保存瓶

この、とろんとした感じがたまらない

茶筋も味です (これもクリックしてみて下さい)

2010.07.13 水差し
ずっと使っていた 麦茶ポットが割れてしまった

新しい奴を探していたが なかなか気に入るのが見つからない

人通りの少ない 寂れた陶器屋にふらっと入ったら

こいつが目に入った

水差し

ホコリを被っていたが こいつは連れて帰らなければ…

家へ帰って綺麗に洗ってやったら 何とも良い色

今年の夏は 麦茶がきっと美味しい

2010.07.11 とろとろの器
梅雨はまだ 明けそうにありませんが…

ギラギラとした夏は そこまでやってきています

そうなったらこいつの出番です

ガラスのボール

プレスですが とろとろで雰囲気のある器です (気泡もたっぷり)

暑い日は やっぱり素麺です

2010.07.09 金魚鉢
先日、メダカくんの水を換えていたところ…

ガシャ! と嫌な音がした

金魚鉢をひっくり返し、いろんな方向から見てみたが

どうやら無事の様で、ほっとした


ところがどっこい! 次の日、金魚鉢の下が水浸し

底の部分にやはりヒビが入っていました


はぁ~ 形のある物はいつか壊れると、日頃言い聞かせてはいるんだが…

やっぱり悲しいですね


そしてまた新しい金魚鉢をメダカくんの為に用意した

あと、2つストックがあるが… もう少し気をつけよう

金魚鉢

吹きガラスの、ちょっとお気に入りの金魚鉢

メダカくんは気に入ってくれるだろうか

2010.07.07 ニッキ水
よく見かける、瓢箪型のニッキ水の瓶

たしか… これ以外にも何本か家にあったはずです

写真でわかるでしょうか?

この瓶には、すみれの花の様なエンボスがあります

ニッキ水

大きな気泡も入っていて、お気に入りのひとつとなりました

2010.07.05 カッコいい瓶
まず目を引いたのが この色

ミドリの薬瓶

何とも深い緑色

そして、気になったのがこの形

まるでピストルの弾のよう

少し残っているラベルには 「水あたりによし」 と書いてある

今、こんな瓶に入って売っていたら間違いなく買う

蓋が付いた入れ物が好きなのだが

ガラスの蓋はどうも

閉めた時の 「カチャカチャ」 って音が心臓に良くない

だから、アルミの蓋が付いた飴屋瓶を集めてしまう

でも…

どうやらキャンデーポットに目覚めてしまったようだ

キャンディーポット

今まで出合っても買わなかった物が、今になって気になって仕方がない

場所もあまり取らないし…

と、言い訳しながらきっとキャンディーポットが増えていくのだろう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。