骨董市をぶらついて

はぁ~ 今日は何もないな と帰りかけた時

こいつが目に留まった

軽便電気砥石

軽便電気砥石

はて。。。???  戦前の物のようだが

あまり期待せず 蓋をあけてみた

軽便電気砥石

銅版の金属のようなモノの上に 革がくっ付いています

やはり字のごとく 砥石なんだろう

問題は コバルト色の物体ですね

軽便電気砥石

エンボスがいっぱいで 片面には登録商標の番号でしょうか?

その裏には 「三村商会 軽便元気砥」と…

何で 「石」 という漢字が抜けているのでしょう?

ただ スペースがなっかっただけ?


久しぶりの綺麗なコバルト瓶が嬉しい

2011.06.23 塩の瓶
基本 使います

塩はすぐに湿気ってしまうので 瓶には入れません

だから この手の瓶はあまり持っていない

でも…

この愛らしさに やられてしまった

塩瓶

花を一輪活けたくなりませんか

2011.06.21 菓子鉢
また鉢で申し訳ない m(__)m

大正時代のガラスの菓子鉢と聞いています

最初 金魚鉢なのかな? って思ったのですが…

ガラスの菓子鉢

金魚鉢に グラビュールでは金魚の可愛さが半減します

それにしても このグラビュールは涼しげ

ガラスの菓子鉢

もしかしたら 蓋があったんだろうか…

ゆらゆらガラスが やっぱり好き

前回の あわあわの答えです

って  実は謝らなくてはいけません ごめんなさい m(__)m

僕も こいつの正体がわからないのです


全体像は こんな感じです

あわあわ過ぎる

電灯の笠というか ホヤというか…

もしそれだと こいつを電球に被せた時の事を考えてみて下さい

壁や天井に写る光は あわあわで絶対に気持ち悪いとおもいませんか


あと 考えたのは

以前 こいつに似たガラスをUPしました

こいつです → http://bikki.blog103.fc2.com/blog-entry-367.html


でも… 以前UPした金魚玉と比べると凄くデカイです

あわあわ過ぎる

もしかしたら…

金魚鉢とも考えましたが このあわあわじゃ中の金魚が見えません

メダカを入れて確認しました


うぅ~やっぱりわからない

誰か教えて下さい

あわあわガラスが好きで 

見つけると つい連れ帰ってしまいます

今まで いろんなあわあわをみましたが…

こいつは半端じゃないです

あわの上にあわが重なっています

あわあわ過ぎる!

さて!

これは何だと思いますか?

これじゃ わからない。。。

ごもっともです


では もう少し退いてみます

あわあわ過ぎる

わかりますか ?


また鉢にもどります

これでもか! って程の フリフリガラスの鉢

しかもピンク色で ぶりぶりしています

フリフリの鉢

もちろん僕のモノではありません


スクリューの蓋が付いていたのでしょう

よく見かける 提灯型の金平糖瓶とはちょっと違う様な気がします

どう見ても 提灯には見えないんだけど…

でも 蛇腹になったところは提灯だし

金平糖瓶

少し飴色で 良い感じのガラス

本当に 金平糖瓶なんだろうか? 情報お待ちします m(__)m


花でも活けて どこかに引っ掛けておこう


2011.06.06 江戸切子
先月 カガミクリスタルの ロックグラスを 購入しました

その時 一緒に。。。 

つい 買ってしまったグラスの写真をようやく撮ったのでUPします


あまりにも綺麗だったので 我慢出来ずに… つい

伝統工芸士 根本幸雄 さん の作品です

江戸切子

せっかくの江戸切子なのに この素晴らしさが僕の腕では上手く伝えられません

ちょっと UPにしたらどうでしょうか?

江戸切子

とにかく ズシリと重いです

氷がグラスに当たった時の音が 何とも言えません


で で で… 息子さんの 根本達也 さんも伝統工芸士なのですが

こちらの作品も素敵で つい

江戸切子

お酒の飲み過ぎに注意しなくては

すいません 鉢が続きます m(__)m


とろん とろん で 良い感じのガラス

質感もさる事ながら 何がいいって  です

また来たかな

太陽光の下でも 怪しく光ります

ミドリの鉢

柳の下に そんなにドジョウはいません

2011.06.01 ガラスの鉢
もしかしたら… ガラスの鉢が好きなのかもしれない

けっこうな数の鉢が集まってしまった

ちょっと 続けてUPさせて頂きます


UPの写真は撮っていませんが 気泡がいっぱい入った鉢

鉢

ヒビの様に見える亀裂は 製造時に出来るシワの様です

こういう鉢が いつの間にか集まっています