上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「 あらびん、どびん、はげちゃびん 」 って、言いませんでしたか?

これに出てくる 「ちゃびん」 はどうやら 茶瓶 のようです。

茶瓶 とは、駅弁には付き物のお茶を入れる瓶です。

よく知られている 茶瓶 は焼き物ですが、最初はガラスだったみたいです。(大正11年に登場)

茶瓶 は使い捨てだったので飲み終わると列車の窓から投げ捨てられていました。

その為、畑ななどに散らばったガラス片で農夫が怪我をしたりと、危険という事で不評となり姿を消しました。

だからガラスの 茶瓶 はごく短い間しか作られませんでした。

しかも、飲み終わったあと窓から捨てられていたので現存数は少ないみたいです。

茶瓶

僕のこの瓶には、右から 「鉄道局指定 茶壜 吉田製壜所」 とエンボスがあります。

茶瓶


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。