上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あっ、ウランだ

このミドリ色の破片を見つけた時の第一声でした。 (これも発掘品です)

ウランの欠片

何の根拠もなかったけど、このガラスの感じはウランだと確信していました。

おそらく高さ 20 cm ほどの大きさだと思います。

綺麗に洗ってブラックライトに当てるまでのドキドキは、骨董市のそれと同じです

スイッチON

ウランの欠片

やはり 怪しい程の光を放ちました

発掘恐るべし! ウランまで落ちているんだ…あの土地は汚染されてるかも

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。