上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この薬瓶も先日の発掘品です

津市立病院

高さ 21cm なので薬瓶としては大きい方だと思います

そして持ってみるとわかるのですが、この瓶…丸くありません (楕円形です)

上から見た写真も載せておきますので見て下さい

津市立病院

普通はここで、この瓶の説明は終わるのですが…ひとつ引っかかった事があります

「津市立病院」 とエンボスがあるのがおわかりでしょうか?

「津市立病院」 は1910年4月に設立されています

昭和18年、「津市立病院」 を基とし 「三重県立医学専門学校」 が設立されました

その後、「三重県立医学専門学校」 は 「三重県立医科大学」 となりました (現在の国立三重大学医学部)

これで、この瓶がおそらく戦前のモノであろうと思われます

いえいえ、そんな事ではなくて 何で、この瓶が今回発掘した場所から出たのか?って事です!

発掘場所は津市ではありません … なのに何で、あの場所に?


ちょっと調べてわかりました

戦火を逃れる為に、「三重県立医学専門学校」 がこの発掘場所の辺りに疎開したとの記述がありました

まっ、どうでもいい様な話なのですが 地元に住む人間として知っておくのも悪くないでしょう

現在、「津市立病院」 という名前の病院はありません

※ 記述に間違いがありましたら、ごめんなさい m(__)m

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。