上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の日曜日、奥さんと街をぶらぶらしてきました

古本屋を覗いたり、フランス雑貨の店を冷やかしたり、甘味処のハシゴをしたり(甘い物好きなので)

で、あるカフェの前を通りかかったとき… ファイヤーキングのカップが目に入りました

怪しくショーウインドウ越しに中を覗くと、店の中は ファイヤーキングだらけです

迷わず入店です

でも、正直言ってファイヤーキングってそんなに詳しくありません

何で、好きかと言うと…スヌーピーのマグカップが可愛いからなんです (本当はチャーリーなんだけど)

で、店主と1時間以上お話しさせて頂きました (好奇心旺盛ですから)

凄いです! もしかしたらファイヤーキングに関して有名な方なのかもしれません

ほんと無知でした

ファイヤーキングとは社名ではなく、アンカーホーキンス社のファイヤーキングというブランドだったのですね



ただ、チャーリーのマグカップに興味がありそれを買うつもりでいたのです

家の奥さんと言うと、とにかくキッチン用品に目がありません

僕は、チャーリーのマグカップを買おうとヨダレを垂らしながらそればかり見ています (高いから)

奥さんが、釘づけになったのはコレです

ヘーゼル アトラス

何が気に入ったって! 注ぎ口が3つあるのが非常にいいらしいんです (僕にはよくわからん)

へぇ~と、ぜんぜん興味なく見ていたのですが…

ちょっと待って  見せて! 

よく見ると、底の部分に 「Kellogg`s」 というエンボスを発見

何で 「Kellogg`s」 ? 店主に聞いたところ、これはファイヤーキングの計量カップではなく

ヘーゼルアトラスという会社が、ケロッグの促販用に作った計量カップだと教えてくれました

ヘーゼル アトラス

では、Hazel Atlas(ヘーゼル アトラス) の説明もしておかなくてはいけませんね

ヘーゼルアトラス社とは、1902年、ヘーゼルグラスアンドメタル社・アトラスグラス社・ホイーリングメタル工場・パブリックグラス社の4社が合併し、アメリカのペンシルバニア州に設立された会社です。
1930年代には15の製造工場を持ち、アメリカのみならず世界最大のガラス製造会社としてその名を轟かせます。パステルのボーダー柄で代表されるマグやタンブラー、淡い色調のアイテムなどを中心にドット柄やチャイルドマグなど数えたらきりがないほど楽しい製品を生み出しましたが1956年にコンチネンタルキャンカンパニーに買収されその歴史を閉じました。

いやぁ~また変なところに顔を突っ込みそうです^^; 知ると面白いです♪ 興味がわきます♪

どっちを買うか、迷いました(今月はちょっと買いすぎてるから)… 値段はほぼ同じ

これから先、巡り合う確立は 「Kellogg`s」 の方が低くそうです

チャーリーはまたいつでも巡り合えるでしょう



家へ帰って、この計量カップを眺めていて…(結局こっち買いました)

どぉ~も気になるんです! 何が?って 色がです

いつもの癖と言うか、習慣なのでしょうか?

とりあえずブラックライトを当ててみました

ヘーゼル アトラス

あぁ~ ピンクの方を買わなくてよかった カエル色にして正解でした

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。