上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
醤油差しって…

少しは持っているけど、集めようとは思わない

なぜか魅力を感じなかった


でも、先日出合ったこいつには何故か惹かれた (大正時代の物です)

大正の醤油差し

凄く繊細で、とろんとしたガラスは実用的ではなさそうです

蓋もネジではなく、スリ硝子です

で、その蓋にはエンボスがあります

醤油差し

花きぬた 」 とありますが、それはメーカーなのか商品名なのか… わかりません

花を模っているのでしょうか? 芸が細かい

そして、底の部分がまた良いのです

醤油差し

3つある突起は足なのでしょう

エンボスは右から書いてありますが、よく読めません

かろうじて、「 松永製 」 は読めます

全体に細かな気泡が入っていて、底には少し大きな気泡

傷も少なく、ヒビや欠けもない綺麗な醤油差しです


比較の為、もういっこ醤油差しをUPしました (昭和初期) 

 ウランのようですが…残念です

醤油差し

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。